1. Home
  2. データについて
  3. 塗り足しについて

塗り足しについて

塗り足しとは

印刷物は仕上がりサイズを示すトンボを使って、多面付けで印刷されます。
仕上げの際、このトンボを目印に断裁がされますが、断裁時のわずかなズレにより、白や透明といった紙の地色が見えてしまうことがあり、せっかくの印刷物の見た目が悪くなってしまいます。
そういったトラブルを防ぐために、実際の仕上がりサイズの外側3mmにデザインを伸ばすことを「塗りたし」と言います。
反対に、絵柄が仕上がりサイズのギリギリに配置されていると、断裁によって切れてしまうこともあるので、デザインを行う際には注意をしてください。

塗りたしがない場合

塗りたしがない場合

断裁

塗りたしがない場合

断裁時のわずかな位置ズレ

仕上がり

塗りたしがない場合

白や透明が見えてしまう

塗りたしがある場合

塗りたしがない場合

断裁

塗りたしがない場合

塗りたしがあれば、多少のズレが
あっても仕上がりはキレイ

仕上がり

塗りたしがない場合

塗りたしがあれば、多少のズレが
あっても仕上がりはキレイ

絵柄が仕上がりサイズ
ギリギリにある場合

塗りたしがない場合

断裁

 

塗りたしがない場合

断裁時に絵柄が切れてしまうことも

仕上がり

 

塗りたしがない場合

断裁時に絵柄が切れてしまうことも

このページのTOPへ
このページのTOPへ

 

大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068 名古屋市守山区瀬古一丁目448 TEL:052-792-8841/FAX:052-792-8845