1. Home
  2. データについて
  3. 白版について

白版について

当社では、透明な素材に印刷する製品が多いため、白インキを使用します。
4Cデータとは別に白版用のデータを準備していただく必要があります。
白インキ用のデータは、K版でカラー用のデータとは別ファイルで作成、保存してください。

白版はなぜいるの?

1.透明な材料に印刷するために、白色も必要。

通常プリントや印刷をする時、白は紙の白色を使用し表現されますが、弊社では透明な材料(PPなど)に印刷することが多いため、モニターや紙の上で白色で表現されている部分は透明になってしまいます。そのため、白という色を他のカラーの色と同じように印刷しなければいけないのです。

2.絵柄を目立たせたり、中の書類を見えにくくするために白色を後ろから印刷する。

印刷に使用するカラーインキは透明インキなので、透明な材料に印刷をしても透けてしまいます。そこで、後ろから白色を印刷することによって不透明度を高め、絵柄を目立たせたり、中の書類を見えにくくすることができます。

3.白色もデザインできます。

白色の紙に白色で文字や絵を描いても目立ちませんが、クリアファイルの材料は透明なので、白色の文字や絵柄を印刷 することができます。白版の工夫で、とてもデザイン性の高いクリアファイルをつくることができます。

 

このページのTOPへ

白版のパターン(例)

1.全面に白を印刷する

全面に白を印刷することによって、中の書類を見えにくくします。
また、モニターやプリントした時に見えるイメージに一番近い状態になります。(白く見えている部分が白で印刷される。)

白パターン1

※わかりやすいように白色を緑色で表現しています。

このページのTOPへ

2.片面白や絵柄の後ろのみ白など、部分的に白を印刷する

片面のみ白や、絵柄部分の後ろ部分にのみ白を印刷することによって、透明部分が残ります。白版の絵柄の作り方によって、モニターやプリントしたものの白く見える部分が、透明になる場合と白になる場合とがあります。

白パターン2

※わかりやすいように白色を緑色で表現しています。

3.白版をデザインとして使用する

カラーの色のない部分に、白色インキで文字や絵柄を入れ、デザインの一部として使用することが可能です。

白パターン3

※わかりやすいように白色を緑色で表現しています。

このページのTOPへ

白版の作り方

・カラー版とは別のファイルで、『白版』用のデータを作成してください。

・白版はカラー版のオブジェクトより、0.1mm内側にいれて作成してください。(※1)
→Illustratorの場合、白を作成したいカラーのオブジェクトを白版レイヤーにコピーし、 『オブジェクト』→『パス』→『パスのオフセット』でオフセット幅を『-0.1mm』に設定すると、簡単に白版の作成ができます。(図3)

※1 印刷時の材料の伸びにより、絵柄から白色がはみでるのを防ぐためです。

白細らせ
このページのTOPへ

 

このページのTOPへ

 

大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068 名古屋市守山区瀬古一丁目448 TEL:052-792-8841/FAX:052-792-8845